JTB旅ホ連、定額会費などを免除 20年度、コロナ支援策

  • 2020年7月2日

 JTB協定旅館ホテル連盟(大西雅之会長、3791会員)は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため大阪で6月9日に開催する予定だった2020年度通常総会を紙面総会に変更した。新型コロナで打撃を受けた会員旅館・ホテルへの支援策として、定額会費(年間1会員1万5千円)と地域事業活動費(同1万円)を今年度に限り収受しないことにした。定率会費は従来通りで、年間で前年比約65%の収入となる見込み。

 20年度事業は、基本テーマを「JTBとのコミュニケーション強化による宿泊増売と会員経営基盤強化」として、加えて、特別推進テーマ「この危機を乗り越え、新しい時代の会員&旅ホ連&JTBに向け改革に挑む」を設定。新型コロナによる未曽有(みぞう)の危機を乗り越えることと改革へ挑むことへの強い意志を表した。

 活動の柱は、これまでと同様、「宿泊増売」「地域振興・観光振興」「人財育成」「組織強化」の四つ。宿泊増売に向けて新型コロナ関連対策として、政府のGo Toキャンペーンの最大活用を図るとともにJTBと協力したリカバリー策を実施する。

 大西会長は、会員に対してメッセージを発信し、「JTBには、リアル店舗、ウェブ、法人旅行、教育旅行、訪日インバウンドなど多様な販売チャネルを持つ強みがある。そして、われわれ旅ホ連にはこのあらゆる販売チャネルに応えうる広く厚みのある会員層がある。この強力なタッグで未曽有の危機を力強く打破しよう」と訴えた。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram