JTB協定旅館ホテル連盟 専務理事 伊藤 智氏に聞く

  • 2022年8月3日

JTB協定旅館ホテル連盟 専務理事 伊藤 智氏

 ◎…寒さの厳しい北海道釧路市で育つ。冬の小学校は、雪を踏み固めて水をまき凍らせる作業を繰り返すことで、校庭がスケートリンクになった。子どもたちは当然のようにスピードスケートやフィギュアスケートなどに興じる。伊藤少年は友人たちとともにアイスホッケーに夢中になった。中学、高校、大学と部活動に励み、全国大会にもたびたび出場。大学では体育会アイスホッケー部でキャプテンも務めた。

 ◎…「アイスホッケーは当たりが激しくがんがんやるというイメージがあるが、意外と頭を使うスポーツだ。スピードのあるプレーの中で将棋のように次にこうやれば次の次のこの攻撃につながるなどと先を読むのが面白い」と醍醐味(だいごみ)を語る。今でも神奈川県のシニアチームに所属し、月に2、3回、スケートリンクを駆け回る。「いい汗をかいて、その後のビールを楽しみにしている」。

 ◎…1964年10月14日生まれの57歳。87年4月、JTB(当時・日本交通公社)に入社。横須賀支店長、執行役員東日本海外旅行仕入販売部長、グループ本社執行役員旅行事業本部副本部長、執行役員個人事業本部国内仕入商品事業部長などを歴任。今年6月から現職に。「JTBとJTB旅ホ連は今、とてもいい関係性ができている。JTBと戦略を共有して宿泊増売につなげる動きをしていきたい」と意欲を見せる。

 ◎…JTB旅ホ連の大西雅之会長(あかん遊久の里鶴雅)も釧路出身。息の合った同郷タッグで今年度の事業推進テーマである「宿泊増売」と「会員経営基盤強化」を目指す。


JTB協定旅館ホテル連盟 専務理事 伊藤 智氏

【聞き手・板津昌義】

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram