JTB、大阪でオーダーメイド型水上旅客サービス「リムジンボート & コンシェルジュ」を4月開始

  • 2022年2月1日

 JTBは1月28日、大阪でオーダーメイド型水上旅客サービス「リムジンボート & コンシェルジュ」を4月以降に開始すると発表した。

一本松海運株式会社、株式会社フリープラス、および株式会社JTBは、大阪の新たなオーダーメイド型水上旅客サービス「Limousine Boat & Concierge(リムジンボート & コンシェルジュ)、以下LBC」を2022年4月以降に開始します。
本事業は今後需要回復が見込まれる訪日外国人旅行客へのサービス提供や、2025年大阪・関西万博へのアクセスも想定した展開を見据えています。

LBCは、大阪市内指定エリアの各船着場であればどこでも乗船・下船が可能な「リムジンボートの手配」と、お客様のご要望を伺い、目的地の観光施設、飲食店等の予約も承る多言語対応可能な「専用コンシェルジュ」を組み合わせたオーダーメイドの旅行サービスです。船事業者、観光事業者、ホテル事業者、飲食事業者が連携し、事業検証を進めながら、より満足度の高い大阪の自由な水上旅行を演出します。

大阪は世界でも稀な、川が都心部をロの字にめぐる回廊があり「水の都」と呼ばれています。LBCはこの水運を利用して、より広範囲を自由に移動することが可能になります。今後は、ベイエリア(舞洲・夢洲)と淀川・宇治川を経た世界的観光都市である京都への往来手段としての水上航路確立もめざします。

なお、本サービス開始にあたり、実証事業を2022年2月中旬に実施します。実証事業ではあらかじめモデルコースを設定し、事業関係者に水上を起点とした大阪観光を体験いただき、4月以降の本サービス提供に向けた検証を行います。

※実証事業は観光庁の既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業に採択されています。

■各社の役割

〇一本松海運株式会社(http://www.ipponmatsu.co.jp/):事業実施主体・船舶運航
大正4年創業以来、大阪の舟運を担ってきた一本松海運。観光船事業では「落語家と行くなにわ探検クルーズ」や「とんぼりリバークルーズ」等、時代のニーズを先取りした新たな商品を開発。また、川を活用したイベント事業のパイオニアとして水辺の賑わいを創出してきました。これからも水都大阪の魅力発信に貢献していきます。

〇株式会社フリープラス(https://www.freeplus.co.jp/):コンシェルジュデスク運営
国内ランドオペレーティング事業・地方創生事業などを2007年より実施する、訪日旅行に特化した独立系旅行企業。全国の自治体や民間企業と連携し、様々な観光コンテンツを開発、日本の観光ポテンシャルを高めより多くの訪日旅行者に満足度の高い旅行を提供していきます。

〇株式会社JTB ( https://www.jtbbwt.com/ ):旅行企画・実施
JTBは、地域・社会課題に対して、人×場所×交流をデザインすることで、その解決に取り組んでいます。地域資源を活用した観光コンテンツの開発により、交流人口の拡大につなげるとともに、持続可能な地域づくりに貢献します。

■「Limousine Boat & Concierge」概要

特徴:

  • リムジンボートを事前予約により手配。水運を利用することで効率よく快適な観光が可能。
  • 定時運航の観光船とは異なり、エリア内の各船着場であればどこでも乗船・下船可能。
  • 専用コンシェルジュが事前にお客様のご要望をお伺いし、観光プランをご提案。
  • コンシェルジュがご希望のホテル・観光施設・飲食店を予約。行程にも同行、お客様をご案内。

乗船可能人数:小型船2~6名、大型船15~20名
貸し切り可能時間:10:00~22:00 ※潮位の関係で航行できない場合もございます
乗船可能エリア:土佐堀川、堂島川、東横堀川、道頓堀川、木津川に囲まれた大阪市内水路

■実証事業概要
実施日:
大型船(15~20名)2月中旬/小型船(2~6名)2月中旬
※日程は新型コロナウイルス感染拡大の状況により調整中。

左:小型船、右:大型船(いずれもイメージ)左:小型船、右:大型船(いずれもイメージ)

モデルコース:
9:30  ホテル集合、最寄の船着場(乗船)

10:00 大阪城港(下船)大阪城・天守閣見学、西の丸庭園散策
12:00 八軒家浜船着場(乗船)

12:30 太左衛門橋船着場(下船)
13:00 たこ焼き体験(昼食)、道頓堀散策
14:00 湊町船着場(乗船)

15:30 海遊館西波止場(下船)、海遊館・入場
17:30 海遊館西波止場(乗船)

18:30 大阪国際会議場前港(下船)
20:00 リーガロイヤルホテル・夕食(ホテルビュッフェ)

旅行企画・実施:株式会社JTB

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram