JTB、「バーチャル日本」構築 

  • 2021年4月24日

外国人客、訪日客きっかけに

 JTBは、仮想空間上で世界中の消費者と日本の自治体、事業者が交流、商流を行う「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」事業を4月末から開始する。コロナ禍で止まっている外国人旅行者によるインバウンド消費をeコマース上で回復させる。コロナ収束後にはこの空間での交流や体験をきっかけに、多くの外国人客が日本の観光地を訪れるようにする。

 海外に日本を紹介するメディア「FUN! JAPAN」を運営するJTBグループのFun Japan Communicationsと、クラウドソリューションを提供するFIXERとの共同事業。

 初期段階では、ユーザーが自分の分身であるアバターを操作しながらユーザー同士でコミュニケーションを楽しめる機能や、日本の各地の歴史や文化を深く知り、リアルに近い体験ができる機能を拡充し、空間内での交流の活性化を図る。次の段階として、海外、国内のユーザーに対して日本の自治体や事業者が日本各地の特産品や体験コンテンツを提供し、日本の技術やサービスを発信できる機能を拡張する。

 4月末から段階的にユーザー登録を開始。まずはアジア地域の日本ファンであるFUN! JAPAN会員125万人を誘導し、その後、ユーザー対象国・地域を増やし、日本も含めて、ユーザー数の拡大を図る。2024年までに1千万人のアクティブな交流人口の創出を目標としている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram