JR北海道、ウポポイへの特急列車拡充

  • 2020年4月4日

 JR北海道の春のダイヤ改正により、4月24日にアイヌ文化の復興拠点「民族共生象徴空間(ウポポイ)」が開業する白老町への特急列車の大幅な拡充が図られた。

 JR白老駅には、新たに札幌―函館を結ぶ特急「北斗」上下24本のうち19本が停車することになり、従前からの札幌―室蘭間を走る特急「すずらん」の上下12本と合わせて、特急列車の停車が上下31本へと拡充された。

 ただ、新型コロナウイルスのまん延で運行列車の減便が行われており、4月23日までは「すずらん」が上下6本、「北斗」が同15本の停車となる。

 また、昨年から工事を行っていた駅舎や駅前広場の改修、駅からウポポイ側の道路に渡る連絡橋も完成し、利用が始まった。

 地元では、特急列車の停車が増え、集客に弾みがつくとオープンへの期待が高まっている。

 ウポポイは、国が2017年から白老町ポロト湖畔の10.6ヘクタールの敷地に、アイヌ文化への理解を深めるナショナルセンターとして国立アイヌ民族博物館をはじめ、体験交流ホールや体験学習館、工房などの施設を総工費200億円かけて整備。既に各施設が完成し、開業に向けての準備が進められている。

 白老町には、JR特急列車で札幌駅から約65分、新千歳空港駅から約40分で行くことができる。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram