JR九州、11期ぶりに減収減益

  • 2020年6月7日

 JR九州の連結決算は、売上高が前年比1.8%減の4326億4400万円、営業利益が同22.7%減の494億600万円、経常利益が同23.9%減の506億1300万円、当期純利益が同36.0%減の314億9500万円。新型コロナウイルスの影響による鉄道利用の減少、減価償却費の増加などが響き、11期ぶりの減収減益となった。

 営業面では、5月から「Go! Waku Waku Trip with MICKEY」プロジェクトによる利用促進や、7月から熊本デスティネーションキャンペーンを実施。10月には中国最大規模の旅行会社Ctripとの連携を発表するなど台湾、香港、中国、韓国を中心に情報発信や販売促進を行った。

 バス事業では、MaaSの構築に向け、小田急電鉄、第一交通産業、西日本鉄道など他の交通事業者などとの連携に取り組んだ。不動産賃貸業では、昨秋に「アミュプラザ鹿児島」のリニューアルを行うなど、各駅ビルの駅前広場などを活用したイベント展開を行い、収益拡大に努めた。

 ホテル業では、最上位ブランド「THE BLOSSOM」を創設し、昨年8月に「THE BLOSSOM HIBIYA」、9月に「THE BLOSSOM HAKATA Premier」を開業した。

 21年3月期の連結業績予想は、新型コロナウイルスの影響で不透明であることから未定としている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram