JAL1%増、ANA3%減 国内線の7月実績

  • 2018年9月12日

 日本航空グループ(JAL)と全日本空輸グループ(ANA)はこのほど、7月の国内線運航実績をそれぞれ発表した。利用旅客実績は、JALが前年同期比0.9%増の290万7638人、ANAが同2.7減の327万9822人だった。

 7月の有償座席利用率(ロードファクター)の実績は、JALが72.0%、ANAが68.2%となった。

関連する記事

エアアジアXは、成田・クアラルンプール線に11月新規就航する。 エアアジアX(IATAコード:D7、以下「D7」)は、2019年11月20日より成田=クアラルンプール線に…

続きを読む

JALは20日、国交省に国際線「燃油特別付加運賃」の改定を申請した。 JALは、2019年10月から適用する「燃油特別付加運賃」(通称「燃油サーチャージ」)の適用額改定を…

続きを読む

成田空港は、全ターミナルで「Smart Check-in」を今夏から順次開始する。 成田空港では、今夏から全てのターミナルに順次、自動手荷物預け機が本格導入されることにあ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube