JAL1%増、ANA3%減 国内線の7月実績

  • 2018年9月12日

 日本航空グループ(JAL)と全日本空輸グループ(ANA)はこのほど、7月の国内線運航実績をそれぞれ発表した。利用旅客実績は、JALが前年同期比0.9%増の290万7638人、ANAが同2.7減の327万9822人だった。

 7月の有償座席利用率(ロードファクター)の実績は、JALが72.0%、ANAが68.2%となった。

関連する記事

JALとアエロメヒコ航空は13日、コードシェアを開始した。 日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂 祐二、以下「JAL」)とアエロメヒコ航空(本社:…

続きを読む

ソラシドエアは1日、沖縄線就航10周年を記念し、沖縄・那覇空港で記念式典を開催した。沖縄県観光関係者らが参加した。10周年を記念し、当日の沖縄線全便を対象に、搭乗した客全…

続きを読む

旅客数は17年比3.3%減の245万人 寄港回数は約3000回、過去最高 中国発の旅客数は7%の減少 拡大はこちらへ

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube