JALグループ 「世界遺産先特」を販売

  • 2021年9月30日

特別塗装機(JTA)

 JALグループはこのほど、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の世界自然遺産登録を祝った誘客プログラムの第2弾を実施している。特別塗装機を運航し、冬季ダイヤ対象の記念運賃「世界遺産先得」を販売している。

 同グループでは、「地域の宝から世界の宝となった『日本の世界遺産』と世界を“つなぐ”」「自然と“共生・保全”を通じ『日本の世界遺産』を後世へ“つなぐ”」の2点をテーマに世界遺産登録記念の取り組みを行っている。世界の宝となった地域に訪れ、見て、触れられる「JALグループならでは」の世界遺産誘客プログラムを提案している。

 今回の取り組みでは、地域の魅力を国内外に発信することを目的に、世界自然遺産登録記念「世界の宝を守ろう!」特別塗装機を9月7日から来年秋ごろまで運航するほか、航空券を記念運賃で販売。特別塗装機はJAL国内線、ジェイエア(J―AIR)、日本エアコミューター(JAC)の運航路線に就航。機体には、島の宝が世界の宝になった今「一人一人が世界の宝に関心を持ち、世界の宝について知り、世界の宝を守っていきましょう」という思いを込めた言葉などを描く。日本トランスオーシャン航空(JTA)、琉球エアコミューター(RAC)では、小中学生が希少動植物を描いたものを機体にデザインとして取り入れた特別塗装機を運航している。

 世界遺産先得は、地域の観光と経済発展、交流人口の拡大を目指して設定。対象路線は、奄美群島と沖縄県内発着(一部路線で設定なし)で、期間は10月31日から来年3月26日(冬季ダイヤ)まで。

 今回の誘客プログラムは、奄美群島航空・航路運賃軽減協議会による「奄美群島交流需要喚起対策特別事業」の一環として実施している。


特別塗装機(JTA)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram