JAL、就業体験通じ関係人口を拡大

  • 2022年8月3日

JAL

 日本航空(JAL)は8月から、「JALふるさとワーキングホリデー」を始める。人手不足の地域で農作業など就業体験を実施。関係人口を拡大し、地域活性化を目指す。

 同企画は、都市部の人が対象。都市部に居住する人が地域に訪問し、農作業の就業などを体験するなど、地域の人たちとの交流やリアルな体験、新たな学びの機会を提供する。

 第1弾は岩手県遠野市で「遠野の夏休み!」を開催。実施期間は、8月22日から9月4日。期間中は、(1)ホップセンターでの摘花作業(2)専業農家でのレタス収穫作業(3)農業生産組合での草刈り作業、野菜収穫作業―などを行う。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram