JAL、デジタル証明書アプリ 早期実用化へ取り組み加速

  • 2021年4月20日

 日本航空(JAL)は、安全、安心でスムーズな渡航に向け、三つのデジタル証明書アプリ「コモンパス」「VeriFLY」「IATAトラベルパス」の運航便への導入に向けた取り組みを始めた。デジタル証明書アプリの早期実用化に向けた取り組みを加速する。

 デジタル証明書アプリは、新型コロナウイルス感染症の検査結果などをスマートフォンなど各種デバイスに表示可能で、情報管理の安全性を前提としてさまざまな国との往来に不可欠であるとの考えのもと、関係機関とともに協力し(1)医療機関が発行した新型コロナウイルス感染症の検査結果や、渡航先の入国要件、渡航資格などを、お客さまのスマートフォンなどの各種デバイスで確認できるデジタル証明書アプリの導入と普及(2)デジタル証明書アプリを利用した非接触、非対面でスムーズな搭乗手続き(自動チェックイン)(3)デジタル証明書アプリによる到着国での検疫通過など利用シーンの拡大―の実現を目指す。

 同社は、4月2日に羽田―ホノルル線、同5日に成田―シンガポール線で実証実験を実施している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram