G20観光相がテレビ会合 コロナ克服へ連携

  • 2021年5月17日

 G20(20カ国・地域)観光相会合が4日、テレビ会議で開かれ、メンバー国をはじめ31の国や国際機関が参加した。議長国はイタリア。議論の成果として採択された観光相宣言では、新型コロナウイルス感染症で打撃を受けた観光産業の回復に向けて、国際的な連携の必要性について認識を共有、危機を契機に持続可能な観光への転換を目指すことを確認した。

 コロナ禍からの観光産業の回復などに向けた政策テーマとして、(1)安全な移動(2)危機管理(3)強靱(きょうじん)性(4)包摂性(5)グリーントランスフォーメーション(6)デジタル化(7)投資とインフラ―について議論。観光相宣言と、関連する行動の指針として「観光の未来に関するG20ローマガイドライン」を採択した。

 日本からは小林茂樹国土交通大臣政務官が出席。文化資源を観光資源として活用し、官民一体となって地域の活性化につなげる重要性について提言。宣言、ガイドラインの内容を支持するとともに、東京オリンピック・パラリンピックの機会に日本各地の魅力を発信したい考えを示した。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram