GWの国内旅行、前年比68%増の1600万人 JTB推計

  • 2022年4月26日

 JTBは7日、今年のゴールデンウイーク(GW、4月25日~5月5日)の国内宿泊旅行の見通しを発表した。各種経済指標、交通機関動向、宿泊施設予約状況などから算出。旅行者数は2021年比で68.4%増だが、19年比では33.4%減となる1600万人と推計する。旅行平均費用は21年比6.8%増、19年比3.9%減の3万4500円を見込む。

 今年のGWは、4月29日~5月1日と5月3~5日が3連休。5月2日と6日を休みにすると4月29日からの10連休も可能で、長期旅行もしやすい日並び。

 アンケート調査でGW期間中に旅行に行くかどうかを聞くと、「行く」と回答した人は17.2%で、前年から6.9ポイント増加した。性年代別でみると、60歳以上は男性7.9%、女性5.5%だったのに対して、29歳以下は男性22.1%、女性16.1%と、男女とも若い年代ほど旅行意向が高くなる傾向がみられる。

 旅行に行かない理由として最も多かったのは、「新型コロナウイルス感染症がまだ収束していないから・拡大の懸念があるから」(39.4%)だった。しかし、回答率は前年から24.5ポイント減と大きく減少した。次いで「ゴールデンウイークは混雑するから」(31.9%)、「ゴールデンウイークは旅行費用が高いから」(21.4%)、「家でのんびりしたいので」(21.0%)となっており、「前年に比べ感染症以外の理由が増えている」とJTB。

ペイウォール会員向け記事です。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram