鳴子温泉郷、プレミアム宿泊券を販売

  • 2021年6月20日

 鳴子温泉郷観光協会(宮城県大崎市)は1日、市民向けに3割増しの「プレミアム宿泊券」を販売した=写真はチラシ。8日からは全国に向け販売を開始、鳴子温泉郷に足を運んでもらう。

 宿泊券は1300円券を10枚1セットで、1万円で販売する。販売は鳴子ホテル(鳴子温泉)や湯あみの宿ぬまくら(川渡温泉)、初音旅館(東鳴子温泉)、四季の宿花渕荘(中山平温泉)、リゾートパークホテルオニコウベ(鬼首温泉)など協会加盟の41施設が個別で行う。

 使用できるのは購入した施設だけで、利用日を決めたら施設に予約する。有効期間は発行から6カ月、または来年3月20日まで。

 宿泊券は1万7500セットを用意した。施設の規模に合わせ枚数を割り当て、規定数量に達した時点で販売終了となる。

 プレミアム宿泊券は昨年も同時期に、1万7500セットを販売、完売したという。「大型旅館や高級旅館は早いところで1週間ほどで売り切れた」と観光協会。

 問い合わせはTEL0229(82)2102。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram