鳥羽市温泉振興会が「10年宣言」

  • 2018年1月11日

 三重県鳥羽市の鳥羽市温泉振興会がこのほど、2017年4月に発足10周年を迎えたことを記念して「10年宣言」を発表した。鳥羽市温泉振興会や鳥羽市の関係者=写真=が12月4日、東京都台東区の観光経済新聞社を訪れ、鳥羽温泉郷10周年について紹介した。

 鳥羽温泉郷は、伊勢志摩国立公園の宿泊拠点で、四つの有人離島や漁村集落、ミキモト真珠島、鳥羽水族館などが見どころだ。また、海女の人数が日本一の場所としても知られている。

 鳥羽市温泉振興会は、2007年に設立。入湯税の導入を決めるなど、鳥羽市の観光振興に取り組んでいる。10年宣言をこのほど発表。今後、「宿づくりが地域を変える」「国際化時代に打ち勝つ旅館づくり」を理念とし、宿泊産業の地位向上や地域が変わるための存在価値の提供、発信を行う。

関連する記事

沖縄県と沖縄観光コンベンションビューローは12月22日、沖縄修学旅行フェアを大阪市内で開催した。学校、旅行会社の修学旅行担当者などが参加。修学旅行に関するセミナーや個別ブ…

続きを読む

JR東海は、「そうだ 京都、行こう。」公式インスタグラム(@soudakyoto_official)を始めた。 JR東海「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンは、2018…

続きを読む

楽天トラベルの「2018年女子旅に人気の温泉地ランキング」は、1位熱海、2位下呂、3位箱根湯本となった。  旅行予約サービス「楽天トラベル」 ( https://trav…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒