鳥羽シーサイドホテル、50周年記念で特別企画

  • 2021年2月17日

50周年記念ロゴ

 鳥羽シーサイドホテル(三重県鳥羽市)は、今年7月に開業50周年を迎えるのを記念し、50周年記念ロゴマークを採用する。それに伴い、特別企画も用意する。

 同館は1971年7月21日に開業。西館の増築工事や別館「岬亭」「汀館」の新設などを経て、現在は客室数206室、1095人の収容が可能な鳥羽地区最大級のホテルとなった。50周年記念ロゴマークでは、同館の象徴、鳥羽湾の景色をイメージした青色で「SINCE1971 50th」のフレーズを大きく配置し、宿泊者、地域への感謝を込め、ぬくもりを感じる暖色で「Thank you」のメッセージを添えた。記念ロゴマークは同館ホームページや記念プランの広告、館内の装飾などに使用する。同館のスタッフもロゴマーク缶バッチを胸部に付け、PRする。

 開業50周年の特別企画として、「夕食バイキング・伊勢海老(えび)お造りプレゼント」を実施。夕食バイキング付き宿泊プランの利用者に、伊勢海老お造り1尾をプレゼントする。期間は5月7日から7月16日。平日、休日限定で、大人のみ利用可能。「50周年の感謝の気持ちを込めた特別な宿泊プランをぜひご利用いただきたい。他にも『50』にちなんだ宿泊プランをたくさん企画していく」と同館。


伊勢海老お造り(イメージ)


50周年記念ロゴ

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram