鳥取県鹿野町で「鳥の演劇祭」城下町や田園風景を歩きながら演劇鑑賞

  • 2018年9月12日

会場の様子(昨年)

 鳥取県の自然や城下町を歩きながら演劇が楽しめる「鳥の演劇祭」(鳥の劇場運営委員会主催)が6日から、鳥取・鹿野町で開催している。「人の光を観るのが観光ならば、舞台を観るのは最高の観光だ!」をテーマに、鹿野町内の五つの会場で演劇を披露するほか、ワークショップ、シンポジウムを実施し、多彩な出会いを演出する。23日まで。

 演劇祭の開催は今年で11回目。「大人のための上演」「障がいのある人たちによる上演」「大人も楽しめる子どものための上演」「若い人たちによる上演」「コミュニティとともに作った作品」に分類し、国内外の出演者が14演目を披露する。

 ワークショップでは、演出家の阿部初美さんが子育てをキーワードに「産み育てを考えるワークショップ」を計7日間実施する。シンポジウムは障がい、外国、日本の舞台芸術の取り組みをテーマに実施する。

 演劇祭開催中は、地元ガイドの案内による「鹿野ぶらぶら歩き」、星の説明や盆踊りなどを行うナイトイベント、国内外から集う俳優やダンサー、スタッフ、地元の人などとふれあうパーティーなどが開催される。

 21~23日には、地元と一体となり、鹿野町で毎年秋に開催される「鹿野わったいな祭」を連携して実施。食やイベントなどを行う。

 「地元と協働して行い、町全体が演劇会場になる。城下町や広がる田園風景を楽しみながら、国内外の演劇を楽しんでほしい」と鳥の劇場運営委員会の中島よしこ事務局長。


会場の様子(昨年)

関連する記事

こんぴら歌舞伎への思いも 香川県琴平町の旅館、琴平グランドホテル会長の近兼孝休氏がこのほど、回顧録「夢の実現に向かってこんぴらさんと共に歩んだ旅館業人生―四国こんぴら歌舞…

続きを読む

ゴールデンウイーク(GW)を前に、日本温泉協会は2日から4日間、東京・丸の内のKITTEで「旅と温泉展」を開いた。東京駅周辺での開催は十数年ぶり。 60回目となる今回は…

続きを読む

インテージは15日、「北海道ふっこう割」などに関する調査の結果を発表した。 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)の札幌事業…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube