高速バスマーケティング研究所、バス事業者向け「事業承継支援プログラム」を提供開始

  • 2018年7月2日

承継の課題について説明する成定竜一社長

 バス事業のコンサルタント業務を行う高速バスマーケティング研究所(横浜市港北区、成定竜一社長)とサポートエクスプレス(埼玉県所沢市、飯島勲社長)は21日、バス事業者向けの「事業承継支援プログラム」の提供を開始した。事業承継が遅れていると言われる貸切バスの運行事業者に向け、組織変革やM&Aを専門に手掛けるコンサルティング会社2社と提携し支援する。

 2000年頃の規制緩和から18年が経過し、事業者は約4千までに増加。現在、貸切バス事業者の経営者の多くが70歳以上となり、引退、事業承継適齢期を迎えている。

 プログラムは、全国の貸切バス事業者の約7割を占める中小、零細事業者(保有台数10台以下)に向け、バス事業者の円滑な事業承継の支援を行うためのサービス(1)後継者育成、組織力強化に向けたコンサルティング(30万円から)(2)外部への株式譲渡など支援(完全成果報酬)―などを用意する。組織が未整備で後継者も育成されず、事業承継が整わない事業者が多い中、東京五輪・パラリンピック以降は反動で収益が低迷して事業売却や廃業が増えることが予測されており、事前対応の必要性が言われている。

 提携を結ぶG―ソリューションは、採用支援、経営戦略・実践、業務プロセス改善、働き方改革を、AllDealは、人材支援、M&A支援、IT支援を中心に支援する。


承継の課題について説明する成定竜一社長

関連する記事

総務省がこのほど公表した労働力調査の今年5月分速報によると、同月の完全失業率(季節調整値)は2.2%で、前月比0.3ポイント低下した。1992年10月以来、25年7カ月ぶ…

続きを読む

内閣府がこのほど公表した今年4月の景気動向指数(CI)の改訂値(2010年=100)は、景気の現状を示す一致指数が117.5で、前月比1.5ポイント上昇した。先に公表の速…

続きを読む

内閣府の消費動向調査(6月分)によると、今年7~9月期のサービス支出DI(季節調整値)は、遊園地等娯楽費でマイナス12.4と、前期(今年4~6月期、マイナス9.6)から低…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会