高知県、ボディシェアリングロボット「NIN_NIN」と旅する新企画“高知の未来観光”開始

  • 2021年5月11日

 高知県は、ボディシェアリングロボット「NIN_NIN」と旅する新企画“高知の未来観光”を開始する。

 高知県は新しい時代の観光のカタチとして、自宅にいながらでも高知ならではの観光を体験いただくべく、ボディシェアリングロボットを用いた、新しい企画を2021年5月12日(水)に発表いたします。また、これに先駆け5月6日(木)よりティザー動画を公開します。

 

■高知の未来観光!“ボディシェアリングロボット「NIN_NIN」”を使った新企画
高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」では、「高知の未来観光」をテーマに、最新のテクノロジーを駆使して、新しい時代の観光のカタチを提案しています。今回は、離れた場所からも、まるで高知を訪れているような体験を提供できるよう、ボディシェアリングロボット「NIN_NIN」を用いた企画を実施。第1回目として5月12日には、その様子をInstagramのライブ機能を使用して中継するという「インスタライブ」ならぬ、「ニンスタライブ」を実施いたします。
当日は、ボディシェアリングロボット「NIN_NIN」を肩に乗せて公式Instagramのフォロワーから希望のあった仁淀川周辺を巡りながらのライブ中継を実施。
また、5月12日にはボディシェアリングロボット「NIN_NIN」を活用した、今後、展開する観光コンテンツを公開予定。是非ご期待下さい。

  • ボディシェアリングロボット「NIN_NIN(ニンニン)」とは

NIN_NINは、オリィ研究所が開発した、「テクノロジーの力を使って、身体の機能を他人にシェアする」ボディシェアリングをコンセプトとしたロボットです。

  • ニンスタライブ 概要

日 程  :2021年5月12日(水)12時~
内 容  :仁淀川周辺からNIN_NINを使った観光の様子を中継
配信アカウント:Instagramアカウント @naturallykochi(https://www.instagram.com/naturallykochi/?hl=ja

  • 高知観光キャンペーン『リョーマの休日』とは

■高知県には、カレンダーにない「新しい休日」があります。
高知県では、2012年から「リョーマの休日」の名の元、食や歴史をテーマとした観光誘客に取り組み、さらに、2019年から約2年間は、自然や体験を前面に押し出した観光キャンペーンを展開してきました。
近年は、旅行者の自然志向や、地元ならではの体験を重視した個人旅行の人気など、多様性のある新たな旅のスタイルへの需要が高まっています。こうした機運を捉え、2021年4月1日からは、新しい時代に対応した高知ならではの観光体験として、高知県の強みである「自然、歴史、食」の3つの観光基盤を用いた、⾃然体で過ごす「⼭曜⽇」「川曜⽇」「海曜⽇」、本物の歴史に触れる「昔曜⽇」、多様な⾷⽂化に驚く「味曜⽇」など、カレンダーにはない「新しい休⽇」を提案する高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」を展開しています。

■キャッチフレーズは「あなたの、新休日。」 

何かと我慢を強いられることが多い今の世の中だからこそ、山・川・海の雄大な自然と、その自然が育んだ歴史・文化、食の恵みを存分に感じながら、”自然体”になれる、あなただけの新しい休日を見つけてほしい、という想いを込めました。

■高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」開催概要
期間:2021年4月1日(木)〜2022年3月31日(木)
場所:高知県下全域
内容:高知の自然、歴史、食、文化などを生かした多様性のある観光
体験の提供、観光イベントなど
特設サイト:https://kochi-experience.jp/

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら