高湯温泉が開湯400年、6日に記念式典

  • 2007年6月16日

高原で行われた山伏による護摩祈祷

高原で行われた山伏による護摩祈祷

 古くから “秘湯の温泉郷” として知られている福島県の高湯温泉(遠藤淳一観光協会会長・旅館協同組合理事長)が開湯400年を迎えて6日、温泉郷内で古式にのっとる山伏の護摩祈祷、火渡りなどの記念式典を開催した。祝賀パーティーは福島ビューホテルで開いた。

 この温泉は慶長12年(1607年)から現代まで吾妻の山懐の高湯に、こんこんと真っ白な温泉が今も変わらずに湧き出ているところとして、小さな温泉地(11軒)ながら知る人ぞ知るの名湯。昔は湯治客で栄えたところ。最近は、首都圏からのアクセスもよく口コミによる旅客が増えている。パーティーでは、福島県内から約150人の観光関係者(旅館経営者など)が集い同温泉の400年を祝った。

 佐藤雄平・福島県知事(副知事代理)はじめ渡辺和裕・県観光連盟会長、瀬戸孝則・福島市長、地元出身の衆議院議員らも出席してそれぞれの立場であいさつ。高湯温泉の前途にエールを贈った。

 どこの温泉地にもみられる傾向ではあるが、ここもゴルフ場が倒産した跡地を巡り、地元銀行が東京の企業に10万坪の土地の3分の1を売却(5千万円)しホテルを建設する構想が出ており、共存共栄ができるかどうかが大きな話題となっている。

高原で行われた山伏による護摩祈祷
高原で行われた山伏による護摩祈祷
     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram