高山市長に田中氏 観光団体専務理事、旅行会社社長

  • 2022年9月11日

田中明氏

初当選、2位に3600票差

 任期満了に伴う岐阜県高山市の市長選挙は8月28日投票、即日開票され、無所属新人で飛騨・高山観光コンベンション協会専務理事の田中明氏(たなか・あきら、61)が初当選した。

 市長選は過去最多の4人の争いとなったが、自民、公明の推薦を受けた田中氏が1万9815票を獲得、2位の無所属新人で精神科医の益田大輔氏(47)に約3600票差をつけ当選。投票率は64・87%で、前回と比べ2・93ポイント上回った。

 田中氏は同市出身。東海大を卒業後商社に勤務。1987年に市役所入庁。地域振興室長やブランド・海外戦略部長、企画部長などを経て、2021年退職。旅行会社シージェット社長で、今年4月から飛騨・高山観光コンベンション協会専務理事を務めている。

 市長選に当たっては、持続可能な地域づくりのための観光振興の活用、子どもたちが充実した将来を迎えられる教育環境の整備、多様性を尊重しあえる社会の構築―などを政策に掲げた。

田中明氏

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram