高山グリーンホテルが2種旅行業者に

  • 2009年9月26日

第2種旅行業登録票を持つ新谷社長

第2種旅行業登録票を持つ新谷社長

高山グリーンホテル(岐阜県高山市、新谷尚樹社長)は着地型ツアーの造成、販売を本格化する。8月に第2種旅行業者に登録、9月から営業を始めた。

 NPO飛騨インタープリター協会が認定した「インタープリター」と呼ばれる自然、歴史、文化案内人や、山岳ガイドが同行する宿泊付きツアーと日帰りツアーを各地発着で造成。高山グリーンツアー(高山グリーンホテル・ツアー事業部)の単独ホームページで直販するほか、全国の旅行会社にもオプショナルツアーとして販売してもらう計画だ。

 具体的には「インタープリターと訪ねる雪の世界文化遺産白川郷ライトアップツアー」「ベテラン山岳ガイドと行く登山ツアー」などを催行する。

 旅行業法施行規則が07年3月に改正され、第3種旅行業者でも催行区域を隣接する市町村に限定した募集型企画旅行の造成、実施が可能になったこと。これを受け、同ホテルでは同年7月、岐阜県下では規則改正後初となる第3種旅行業を取得。高山グリーンツアーの名称で着地型ツアーの催行を始めた。

 ただ3種旅行業の場合、ツアー出発地が限定されるため集客対象が個人客中心となりグループや団体客を取り込むことが難しかった。また事前収受できる申込金が旅行代金の20%以内に制限されているなどの理由もあり、集客人数が伸び悩んでいた。

 今回の2種登録で、出発地設定の制限がなくなり、全国各地からの送迎付きプランの造成、販売ができるようになった。旅行代金の全額事前徴収も可能になったため、旅行会社にオプショナルツアーとして代売してもらいやすくなったという。

第2種旅行業登録票を持つ新谷社長
第2種旅行業登録票を持つ新谷社長
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram