駅弁大将軍に「諏訪弁」 

  • 2021年1月3日

駅弁大将軍に選ばれた諏訪弁(JR東日本)

 旅のお供として欠かせないのが駅弁。JR東日本によると、駅弁頂上決戦「駅弁味の陣2020」で、評価が最も高かった駅弁大将軍に長野県の「諏訪弁 ほいじゃねェ」(れすとらん割烹いずみ屋、税込み1080円)が選ばれた。

 大将軍は、はがきとシリアルナンバーからのウェブ投票のうち、総合評価(購入した駅弁の味、盛り付け、掛け紙の3項目を4段階で評価し、その平均値に駅弁ごとの投票数を加味し算出した値)が最も高かった駅弁に贈られる。

 いずみ屋は「諏訪地域の観光を味で盛り上げようと、諏訪を中心とした県産食材にこだわり、有志が集まって企画開発した。受賞は諏訪の名産と信州の食文化のたまもの」と喜びのコメント。

 投票者からは「見た目も彩りもよく、諏訪地域を表現して、しかもおいしかった」「諏訪の美しいもの、名物がいっぱい。野沢菜入りギョーザはお試しの価値あり」などの声があった。

 このほか、「きざみ岩下の新生姜(しょうが) きぶなカレー ブラックシーフード」(松廼家、同900円)が駅弁副将軍を受賞するなど、計14駅弁が選ばれた。

 駅弁味の陣は、秋の行楽シーズンに合わせ、鉄道の旅に欠かすことのできない駅弁の魅力を発信し、観光創造や地域活性化を図ることを目的に開催している。2020年で9回目となる。


駅弁大将軍に選ばれた諏訪弁(JR東日本)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram