飲食・宿泊業の業況判断DI、4期連続で悪化

  • 2008年10月18日

 中小企業庁はこのほど、今年7〜9月期の中小企業景況調査の結果を公表した。それによると、飲食・宿泊業の業況判断DI(好転とする企業割合から、悪化とする企業割合を引いた値、季節調整値)はマイナス37.5で、前期(今年4〜6月期)比2.3ポイント悪化した。DIの悪化は4期連続。全産業はマイナス35.9で、同3.4ポイント悪化。10期連続の悪化となった。同庁では、「中小企業の景況は悪化している」としている。

 調査は9月1日、全国の中小企業1万9017社に行った。有効回答数は1万8370社で、回答率96.6%。

 製造業はマイナス33.2で、前期比6.3ポイント悪化。7期連続の悪化となった。非製造業はマイナス36.8で、同2.3ポイント悪化。8期連続の悪化となった。

 非製造業の内訳をみると、サービス業がマイナス32.7で、同1.3ポイント悪化。サービス業の中では、飲食・宿泊業、対個人サービス業、対事業所サービス業、情報通信・広告業の4業種すべてで前期比悪化した。

 飲食・宿泊業の業況判断DIを時系列でみると、07年1〜3月期からマイナス23.1、マイナス22.3、マイナス21.7、マイナス28.1、マイナス32.3、マイナス35.2、マイナス37.5──と推移。今年に入りDI値が30台に低下している。

 業況判断DIを地域別にみると、8地域すべてで前期比悪化した。DIが最も低いのは東北のマイナス40.3で、以下四国のマイナス36.5、九州・沖縄のマイナス36.2、中部と中国のマイナス35.8など。前期比で悪化幅が大きかったのは中部のマイナス4.7ポイント、近畿のマイナス4.5ポイント──など。

 都道府県別では、栃木県、宮崎県、埼玉県など40都道府県でDIが悪化、新潟県、鳥取県、富山県など7県で同好転した。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram