風評被害のブルーツーリズム事業 相馬市など6件追加

  • 2022年10月16日

 観光庁は9月26日、東京電力福島第一原発のALPS処理水の海洋放出に伴い懸念される風評への対策として実施する補助事業、ブルーツーリズム推進支援事業の第2次公募の結果を発表した。相馬市(福島県)の尾浜ビーチバレーボール環境整備事業など6件を採択した。採択件数は1次公募の結果と合わせて14件となった。

 事業の対象は、岩手、宮城、福島、茨城の4県内の市町村やDMO、観光協会。補助対象となるのは、海水浴場などの受け入れ環境整備、海の魅力に関する観光コンテンツの充実やプロモーションの強化、ビーチやマリーナ、観光船舶を対象とした国際的な環境認証「ブルーフラッグ認証」の取得などに要する経費。補助率は10分の8以内。

 相馬市以外の2次公募の採択事業は次の通り。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram