電通、メディアコンテンツの進化に取り組む専門組織 メディア・コンテンツ・トランスフォーメーション室を設置


 電通は、メディアコンテンツの進化に取り組む専門組織 メディア・コンテンツ・トランスフォーメーション室を設置した。

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:佐野 傑)は、メディアビジネス、コンテンツビジネスの進化と新しい創造・開発に取り組む専門組織「メディア・コンテンツ・トランスフォーメーション室(MCx室)」を、2024年1月1日付けで設置しました。新組織は、電通の各メディア部門(テレビ、ラジオ、新聞、出版、OOHなど)、コンテンツ部門、スポーツ部門、デジタル部門、ソリューション部門、クリエイティブ部門の専門人財で構成され、外郭のバーチャル組織も含めると総勢80名ほどが参画しています。今後MCx室は、顧客企業向けのメディア横断ソリューションの開発や、メディア企業・コンテンツホルダーの新規事業支援、新しいメディアの創出などに取り組んでいきます。

 

「MCx」は、2019月に当社の社内プロジェクトとして発足しました。マーケティングDXの必要性が高まる中で、従来の広告・マーケティング施策の進化に取り組んできましたが、近年はそれだけではなく、新しいソリューションやビジネスの創出が重要になり、広告の進化と新しいメディアビジネスの創出を支援してきました。また、多種多様なメディア、コンテンツの活用知見を社内で共有・横展開することで、これまでにない新しい施策の開発も推進してきました。

 

そしてこのたび、このような取り組みをさらに加速させていくために、当社は「MCx室」を正式な部署として設置しました。「MCx室」のミッション、提供サービスは以下の通りです。

 

①広告の高度化 【主に広告主企業向け】

・メディアを横断した統合コミュニケーションを実現する商品の開発

・データドリブンなマーケティングを可能にする、メディア横断での計測指標やダッシュボードの開発

・購買行動のきっかけ(トリガー)となる最適なタイミングや因子を捉えた「トリガー広告」の推進

 

②新しいメディアビジネスの創出 【主にメディア企業向け、メディア企業との協業】

・新しいテクノロジーやデータを活用した、メディア企業との新規事業開発

・メディア企業横断、各種メディア横断での新しいソリューション開発

 

③コンテンツビジネスの変革 【主にコンテンツホルダー向け、コンテンツホルダーとの協業】

・エンターテインメントやスポーツといったコンテンツを活用したマーケティングソリューションの高 度化や、より良い顧客体験接点としての価値の創出

・独自のエンターテインメント事業の創出や、データ基盤整備によるROIの可視化

 

④新しい顧客体験の場の提供 【主にコンテンツホルダー、広告主向け】

・今後生活者の興味関心がより高まっていくと思われるメタバースやゲームなどを含む3Dメディアの空間づくりの支援、コミュニケーション活動の場としての活用を支援

 

「MCx室」は、メディア企業、コンテンツホルダーなど社外のステークホルダーとともに、企業と生活者の最適な接点作りや、より良い顧客体験の創造を支援していきます。

 

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒