雪国観光圏、世界最大の雪まつり開催へ

  • 2009年12月19日

7市町村のトップらが顔をそろえた記者発表会

7市町村のトップらが顔をそろえた記者発表会

 新潟、群馬、長野3県の7市町村で組織する雪国観光圏推進協議会(会長=上村清隆・新潟県湯沢町長)は2日、東京のホテルニューオータニで事業の記者発表会を開いた。域内市町村のトップらが顔をそろえ、世界最大の雪まつりと称する「スノーカントリーフェスティバル」や、地元食材を使った料理の新ブランド「雪国キュイジーン」(仮称)を紹介した。

 雪国観光圏は08年に施行された観光圏整備法に基づき形成。7市町村(新潟県魚沼市、南魚沼市、十日町市、湯沢町、津南町、群馬県みなかみ町、長野県栄村)が連携し、地域の特性を生かした17の事業、43のプログラムを展開。観光客の来訪と滞在促進を目指している。

 メーン事業のスノーカントリーフェスティバルは、各市町村で行われている雪祭りを連携させた共同プロモーション事業。来年は1月15日から3月22日まで、「十日町雪まつり」「みなかみスノーフェスティバル」など合計80のイベントを開催。120万人の来訪を見込む。

 料理の新ブランドは、地域連携で雪国らしい地場商品を開発、「世界に通じる食ブランドを創造する」もの。観光関係者が農地や工場に足を運び、生産者と交流するなど、地域を挙げた取り組みとなっている。

 発表会で上村会長は、「お客さまの満足度を上げるには、観光圏による事業展開が不可欠。雪深い土地ならではの魅力的な観光資源を国内外にアピールしたい」とあいさつ。

 来賓から、観光庁観光地域振興部の田端浩部長、新潟県観光局の坂巻健太局長、JR東日本の新井良亮副社長があいさつした。

 越後湯沢温泉HATAGO井仙の井口智裕社長は具体的な事業内容を説明。「観光圏が目指すのは『連携』。各市町村で、ないものを補い、強みを強化したい」と述べた。

7市町村のトップらが顔をそろえた記者発表会
7市町村のトップらが顔をそろえた記者発表会

関連する記事

長野県阿智村は、「天空の楽園 Winter Night TourSeason2019」を開催する。 長野県阿智村のスタービレッジ阿智誘客促進協議会(会長:熊谷秀樹(阿智…

続きを読む

中部国際空港は7日、「中部地域観光セミナーin仙台」を開催した。 中部国際空港セントレア(所在地:愛知県常滑市以下:セントレア)は2019年8月8日よりエアアジア・ジ…

続きを読む

明石観光協会は、「明石の鮨」クーポンを11月24日「和食の日」に発売にする。 一般社団法人明石観光協会は、豊かな海の幸に恵まれた兵庫県明石市内の11店舗で使える明石の鮨ク…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube