障害者など訪日環境 改善 観光庁、オリパラに向けて推進運動

  • 2020年1月28日

「Team Welcome」のキックオフイベント

 東京オリンピック・パラリンピック(オリパラ)の開催を控え、観光庁は16日、障害、宗教、生活習慣など多様な背景を持つ全ての訪日外国人が旅行を楽しめる環境づくりを目指す「Team Welcome」プロジェクトを開始した。宿泊・飲食・小売分野の各事業者に改善への取り組みを促す。店頭には指定のステッカーの掲示を呼び掛け、訪日外国人旅行者に安心して利用できる店舗であることをPRしてもらう。

 同日、東京都内で開かれたキックオフイベントで、赤羽一嘉国土交通相は「オリパラのレガシーとして、ユニバーサルデザインの社会、共生社会を実現しなければならない。Team Welcomeをその実現に寄与する取り組みにしたい」とあいさつ。観光庁の田端浩長官も「ストレスフリーで快適な旅行環境づくりが重要。事業者の皆さまにはプロジェクトを改善のきっかけにしてほしい」と述べた。

 Team Welcomeプロジェクトでは、公式サイト(https://teamwelcome.jp)を開設した。事業者が店頭に掲示するピクトグラム(絵文字)ステッカーの利用申請、ダウンロードが可能。多言語コミュニケーション、バリアフリー、多様な宗教・生活習慣に関する受け入れ環境の改善では、「今からでも間に合う」「ちょっとした工夫でできる」を合言葉に具体的な手法や事例も掲載している。

 キックオフイベントでは、日本観光振興協会の久保田穣副理事長をコーディネーターに、受け入れ環境の改善をテーマとしたパネルディスカッションが行われた。

 障害を持つ訪日外国人のための環境改善では、訪日旅行のバリアフリー英語情報サイトを運営するACCESSIBLE JAPANのグリズデイル・バリー・ジョシュア代表と、訪日旅行のバリアフリー情報を多言語のアプリで提供するWheeLogの織田友理子代表が、まずは店舗や施設について未対応の部分を含めたバリアフリーに関する情報の発信が重要とアドバイスした。


「Team Welcome」のキックオフイベント

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube