障がい者の課題解決へ KNT-CTホールディングス、東京でユニバ―サルツアー紹介

  • 2019年3月26日

旅の楽しさを語る望月夫妻(中央、右)

 KNT―CTホールディングスは5日、ユニバーサルツーリズムの取り組みを説明する「ユニバーサルツーリズム推進説明会」を東京・西新宿の新宿アイランドウイングで開催した。同ツアー参加者やメディアら約30人が参加。説明会では新商品の説明のほか、参加者による体験談の紹介、疑似体験などを行った。旅を通じ、障害者が抱える課題の解決を目指す。

 冒頭、近畿日本ツーリスト首都圏の木島正人常務が「東京2020大会の開催に向け、自治体からの引き合いも増えている。多様性に順応しながら、新たな旅を拡大していきたい」とあいさつ。

 説明会では、同ツーリズムの取り組みや2019年上半期新商品、参加者によるインタビュー、フィールドワーク疑似体験が行われた。同社は、同ツーリズムの推進に向け、(1)ツアー事業(2)社員やサポートスタッフの育成(3)障害者受け入れ側への研修―を三本の柱に掲げて取り組んでいる。最新のツアー事業の紹介では、高齢、肢体不自由がある人を対象にしたリフト付きバスを使用したツアー、聴覚障害者を対象とした音声認識ソフト「UDトーク」を使用したツアー、視覚障害者自動車運転体験ツアーを紹介した。サポート支援策としては、ツアー参加者が障害者をサポートしながら旅を楽しむ「トラベルサポーター制度」の導入や、社員のバリアフリー旅行研修の実施、自治体、教育機関、観光事業者、一般企業など受け入れ側に向けた研修支援を行っている。
 また、ツアーの体験談を参加者代表として視覚障害者の望月夫妻が紹介。「最初はあきらめていた。旅をしてみて風や海の匂い、方言の違いを感じたり、土地ならではの食べ物を味わったり、旅をしている今は楽しい」と旅の魅力を語った。
 フィールドワークでは、アイマスクを使用した歩行体験を実施。参加者からは「手を引くほうが責任を感じて緊張したが、一方でサポートのありがたさ大切さが分かった」という声が上がった。

 同社グループのクラブツーリズムでは年間約100本のツアーを造成し、約1200人が参加している。「視覚障害者向けのツアーは需要が高い。今後はトラベルサポーターの参加を増やしながら、障害者の方が参加できるツアーを増やしていきたい」と近畿日本ツーリスト首都圏ユニバーサルツーリズム担当の伴流高志氏。


旅の楽しさを語る望月夫妻(中央、右)

関連する記事

日本旅行は6月28日、役員の異動を行う。非常勤取締役に西日本旅客鉄道取締役兼常務執行役員の倉坂昇治氏(西日本旅客鉄道取締役兼専務執行役員に就任予定)、非常勤監査役にJR西…

続きを読む

日本旅館協会IT戦略委員会は、一部の海外OTAの予約画面で、「税金」「サービス料」などの記載、金額が消費者に誤解を招く表示方法になっているとの会員施設からの指摘を受けて、…

続きを読む

近畿日本ツーリスト関東は、「MUSICLIFECLUBプレゼンツ!ミュージック・ライフが見たクイーンinロンドン・モントルー」を27日に発売する。 KNT-CTホー…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube