阪急阪神HDの3社、環境省モデル事業に参画

  • 2008年10月18日

サイト画面

サイト画面

 二酸化炭素(CO2)排出量削減による地球温暖化防止を目指し、環境省は15日から「エコ・アクション・ポイント」のモデル事業をスタートさせるが、阪急阪神ホールディングス(HD)の3社が同事業に参画、同日、それぞれの対応商品を発売した。

 エコ・アクション・ポイントは、消費者が同事業に参加する企業の温暖化防止商品やサービスを購入したり、受けたりするとポイントを獲得でき、貯めたポイントを様々な商品に交換することができる。実施期間は来年3月まで。JCBが運営主体となっている。

 同事業に参画するのは阪急電鉄、阪急阪神ホテルズ、阪急交通社。

 阪急電鉄はポイント付きカード(3千円)を10万枚限定で発売。カード1枚に付き30ポイントを付与する。また、阪急阪神ホテルはポイント付き宿泊プラン(大阪新阪急ホテル)を造成。販売価格はシングル5800円、ツイン9千円からで、利用1回に付き100ポイント(ツイン200ポイント)を付与する。ホームページからのインターネット販売で、1日5室限定となっている。

 阪急交通社は環境配慮に取り組む宿泊施設の普及拡大に向けた宿泊予約サイト「エコ泊」(http://www.hankyu-travel.com/oyado/eco/)を開設した。サイトで予約すると宿泊料金の1%を付与。1泊1室1万円の場合、100ポイントを獲得できる。約50施設を網羅。

サイト画面
サイト画面
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram