阪急交通社、世界遺産地域へ環境保全型トイレ寄贈

  • 2009年10月17日

自然を汚染しないトイレ

自然を汚染しないトイレ

 阪急交通社は、東京ビッグサイトで開かれたJATA世界旅行博で9月18〜20日、自社の環境保全活動を紹介した。いくつかある活動のなかで前面に出したのが、世界遺産地域への環境保全型トイレの寄贈。ブースに設置したトイレの実物が来場者の目を集めていた。

 07年12月に屋久島、今年6月に熊野古道に寄贈した環境保全型トイレは、水洗式でも汲み取り式でもなく、おがくずを利用したもの。おがくずの中の微生物の働きによって糞尿が分解、処理される仕組み。自然を汚染しないトイレだ。

 旅行博でのPRは「自然遺産の旅行を紹介するケースが増えており、これから環境保全を推し進めていくことを発信したかった」と同社広報部の米原茂樹部長。会場では、国立公園への設置を目的としてタンザニアの観光関係者が特に熱心に問い合わせてきたという。

 環境保全型トイレの寄贈は今後も継続するが、次の場所は検討中。同社はこのほか、間伐作業のボランティアや、温室効果ガス排出量6%削減の国家的プロジェクト「チーム・マイナス6%」への参加、グリーン購入などの環境保全活動にも取り組んでいる。

自然を汚染しないトイレ
自然を汚染しないトイレ
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram