関東運輸局、関東観光まちづくりコンサルティング事業の支援地域を募集

  • 2018年5月11日

 関東運輸局は、関東観光まちづくりコンサルティング事業の支援地域を募集している。日本版DMOの登録に向けた組織の構築、観光資源の発掘や磨き上げを支援する。締め切りは5月18日。

 支援地域では、観光の専門家を派遣して「観光まちづくりアドバイザリー会議」を開催するほか、地域関係者などで構成するワーキンググループを設置。推進組織の構築、旅行商品の造成などに向け、具体的な検討、提案を1年間かけて行う。

関連する記事

観光庁がこのほど発表した宿泊旅行統計調査によると、宿泊施設の今年2月の客室稼働率(第2次速報値)は、前年同月比0.6ポイント増の60.1%だった=表。全国のうち23道県が…

続きを読む

観光庁は9日、エコツーリズムや酒蔵ツーリズムなど、共通する観光テーマで誘客を目指す複数地域を後押しする「テーマ別観光による地方誘客事業」の2018年度の支援先として17件…

続きを読む

観光庁は、日本人の国内旅行消費額の確定に伴い、日本人、訪日外国人を含む2017年の日本国内での旅行消費額が前年比3.4%増の約26兆7千億円だったと発表した。日本国内での…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

東京スカイツリー・日台観光友好交流5周年「台湾観光フェア」