長野県諏訪温泉 かたくらシルクホテルが開業1周年 

  • 2022年6月23日

客室「KATAKURA」内装

コロナ下創業でもリピーター獲得

 かたくらシルクホテル(長野県上諏訪温泉)は、昨年4月22日の開業から1周年を迎えた。「シルクのように五感を満たすおもてなし」をコンセプトに、コロナ下の創業ながら順調な稼働を維持している。開業から現在までの顧客対応やサービス造成、今後の取り組みなどを同館の雨宮清隆ゼネラルマネージャーに聞いた。

 雨宮氏は、同館の入り込みが好調な要因の一つに客室数の少なさ(全9室)を挙げ、「音楽を聴いたりしながら客室内で過ごすお客さまが多い。客室内のタブレットを新装し、什器(じゅうき)や備品などをより楽しんでもらえるようにした」と述べ、「客室内での快適な滞在空間づくりに注力した」と振り返った。客室内には地元企業の技術を生かした「SUWAプレミアム」のボールペンやスピーカーを配置し、全客室の露天風呂を源泉掛け流しとするなどして、同館ならではの長野、諏訪を感じられる上質な滞在空間を顧客に提供している。

客室「KATAKURA」内装

 独自のサービスとして「『シルクのようなおもてなし』というテーマで行っている顧客の自動車の洗車サービスが非常に好評だ。車も心も気持ちよく滑らかにして帰っていただき、またお越しいただきたい」と雨宮氏。養蚕・製絹業を基盤に創業した旧館から息づく「シルク」の精神を、さまざまなサービスに落とし込み独自色を打ち出している。これらのサービスにより、「この1年で30%ほどの高いリピーター率を残せた。これは当初の想定以上の数字だ。3回以降来訪されるお客さまも多い」(雨宮氏)と、創業間もないながらも多くのリピーターを獲得している。現在までの顧客層では60代が多いが、30代のリピーターも多く、雨宮氏いわく「その中には両親を連れてきて良かったので今回は夫を連れてきた」などの来訪理由も多く耳にするという。

朝食(提供イメージ)

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram