長野県、訪日教育旅行の受け入れ 過去最高の5422人

  • 2018年4月16日

 長野県観光部は、2017年の訪日教育旅行の受け入れ実績をこのほど発表した。人数は前年よりも865人増えて5422人となり、2010年の5140人を上回る過去最多となった。団体数は161団体だった。

 国・地域別に見ると、最も多かったのは、3216人(90団体)の中国。前年の2034人よりも1182人増加した。

 2番目が1599人(44団体)の台湾。前年の2152人から553人減少した。
 以下、前年より169人増えて259人(9団体)となった豪州、23人増え59人(4団体)となった韓国、48人増え52人(1団体)の香港と続く。

 16年に55人(2団体)を受け入れたシンガポールの人数はゼロだった。その他の国・地域は237人(13団体)となっている。


長野県立飯山高校とアメリカの高校生


関連キーワード

関連する記事

ホープは、行政マガジン「ジチタイワークス」観光・インバウンド号を22日に発行する。 自治体に特化したサービスを展開する株式会社ホープ(本社:福岡市、代表取締役社長兼CEO…

続きを読む

ecbo(東京都渋谷区、エクボ)は4月25日、京成トラベルサービス(千葉県船橋市、京成トラベル)と業務提携し、京成上野駅(東京都台東区)に新設された手荷物預かりカウンター…

続きを読む

トリップアドバイザーは16日、「イタリア人の口コミで人気!日本のイタリアンレストラン ランキング2019」を発表した。 口コミとランキングで見つかる旅の情報サイト「Tri…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube