長野県、訪日教育旅行の受け入れ 過去最高の5422人

  • 2018年4月16日

 長野県観光部は、2017年の訪日教育旅行の受け入れ実績をこのほど発表した。人数は前年よりも865人増えて5422人となり、2010年の5140人を上回る過去最多となった。団体数は161団体だった。

 国・地域別に見ると、最も多かったのは、3216人(90団体)の中国。前年の2034人よりも1182人増加した。

 2番目が1599人(44団体)の台湾。前年の2152人から553人減少した。
 以下、前年より169人増えて259人(9団体)となった豪州、23人増え59人(4団体)となった韓国、48人増え52人(1団体)の香港と続く。

 16年に55人(2団体)を受け入れたシンガポールの人数はゼロだった。その他の国・地域は237人(13団体)となっている。


長野県立飯山高校とアメリカの高校生


関連キーワード

関連する記事

東急電鉄は、外国人観光客向け「TOKYO GUIDE&TOKYU LINES」を発行し、沿線のインバウンド観光を強化する。 当社は、今後2020年の東京オリンピック・パ…

続きを読む

エクスペディア グループは、2018年の日本の宿泊施設の需要に関する分析を発表した。 世界 75 カ国以上、35 言語で多彩な旅行ブランドを展開する世界有数の旅行プラット…

続きを読む

訪日旅行専門の旅行会社TASは19日、京都市上京区の立本寺内に宿坊「立本寺 四神閣」を開業したと発表した。 東南アジアを中心とした訪日旅行(インバウンド)専門の旅行事業を…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube