鈴木知事、北海道の魅力 G20に紹介

  • 2019年11月4日

G20観光大臣会合の歓迎レセプション(10月25日)では北海道の食もPR。鈴木知事(中央)と村田憲俊道議会議(右)がラーメンを振る舞った

 北海道の鈴木直道知事は、10月26日に倶知安町で開かれたG20観光大臣会合に出席し、参加国・地域、関係機関の参加者を前に北海道観光の魅力をアピールした。北海道の自然をアクティビティで体験するアドベンチャー・トラベルの推進にも意欲を示した。

 鈴木知事は「北海道はもともと日本国内でトップクラスの観光地だが、近年、アジアを中心に人気が高まり、2018年度の外国人来道者数は312万人、この6年間で約4倍に急増した。航空ネットワークが着実に充実し、世界17都市に直行便が就航している。12月からは新千歳空港にヘルシンキ線、シドニー線が就航し、欧州、オセアニアからも、多くのお客さまをお迎えできると期待している」とあいさつした。

 北海道の魅力については、世界自然遺産の知床をはじめとする自然、訪れるごとに新たな発見がある明瞭な四季、先住民族アイヌが発展させてきた独自の言語と豊かな文化、多彩な食や温泉などを挙げた。

 スキー、ラフティング、登山、ハイキング、サイクリングなど、自然を堪能するアクティビティのメニューが豊富なこともPRし、「本格的なアウトドアが楽しめるフィールドであり、アドベンチャー・トラベラーにも最高の場所だ。知事就任以来、アドベンチャー・トラベルの推進に積極的に取り組んでいる」と強調した。


G20観光大臣会合の歓迎レセプション(10月25日)では北海道の食もPR。鈴木知事(中央)と村田憲俊道議会議(右)がラーメンを振る舞った

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram