都内全プリンスホテルで「東京都民応援キャンペーン」開始 5,000円分の館内施設利用券を提供

  • 2020年7月26日

 プリンスホテルは22日、都内の全プリンスホテルで「東京都民応援キャンペーン」を開始した。

株式会社プリンスホテル(本社:東京都豊島区南池袋1-16-15 代表取締役社長:小山正彦)は、本年7月22日(水)より都内の全9つのプリンスホテル(ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町、ザ・プリンス パークタワー東京、ザ・プリンス さくらタワー東京、グランドプリンスホテル高輪、グランドプリンスホテル新高輪、東京プリンスホテル、品川プリンスホテル、新宿プリンスホテル、サンシャインシティプリンスホテル)で都民限定の「東京都民応援キャンペーン」~I LOVE TOKYO~を実施いたします。
このキャンペーンはGo Toトラベルキャンペーンで東京発着や東京居住者の旅行が当面の間割引の対象外になったことを受けて実施するもので、期間は原則としてGo Toトラベルキャンペーンで東京除外が解かれるまでの間継続して行うことを予定しております。
プリンスホテルは都民の皆さまが「安全で快適に、そしてお得に楽しく」Stay in Tokyoすることを応援いたします。

東京都民応援キャンペーン」~I LOVE TOKYO~ 概要(都内全9プリンスホテル共通)
1.実施内容
(1)都内全9ホテルに宿泊された都内在住のお客さまに5,000円分の館内施設利用券をお付けいたします(1室1滞在につき5,000円分、滞在期間中の利用が可能)※ご宿泊料金にはご利用いただけません
(2)都内全9ホテルの直営レストラン・バー・ラウンジにて都内在住のお客さまは20%引き(ご宿泊以外のお客さまも含む)
※その他の割引とは併用いただけません。
(3)東京都民応援宿泊プランの造成(宿泊プランは順次当社Webサイトで掲載いたします)
※利用時に代表者さまのご自宅住所の証明になるものをご提示いただきます。

2.実施期間
2020年7月22日(水)~Go Toトラベルキャンペーン東京除外解除まで※実施期間変更の場合もございます

I LOVE TOKYOロゴI LOVE TOKYOロゴ

新たな衛生・消毒基準「Prince Safety Commitment(プリンス セーフティー コミットメント)について
プリンスホテルでは従業員に周知徹底することを目的に「衛生管理」、「クレンリネス」、「三密回避」の3項目からなる「新型コロナウイルス感染症 感染拡大予防ガイドライン」を定めております。このガイドラインをお客さまにより分かりやすく具体的に説明するため、「Prince Safety Commitment(プリンス セーフティー コミットメント)」を策定し、お客さまに安心して当社施設をご利用いただけるよう、努めております。このコミットメントは、プリンスホテルのWebサイト(https://www.princehotels.co.jp/safety/)に掲載する他、イメージムービーを制作し、お客さまにご案内をしております。

Prince Safety Commitment ―プリンスホテルの安全・安心ー
■従業員の衛生体制の強化
就業前の検温、手洗い・うがい、消毒を徹底し、マスクおよびフェイスシールド(一部)を着用してご案内させていただきます。また、全従業員に携帯用の消毒液を配布するとともに、衛生管理に関する教育を強化し各自健康を守りつつ、お客さまのおもてなしに努めます。

■お客さまの健康確認
・ご宿泊のお客さま
ホテル到着時はお客さまへ手指の消毒と検温のご協力をお願いいたします。チェックイン時に「セルフチェックシート」へのご記入をお願いいたします。

・レストランをご利用のお客さま
レストラン入店時はお客さまへ手指の消毒と検温のご協力をお願いいたします。

■清掃・消毒の推進
レストラン、客室備品等、不特定多数の方が頻繁に触れる部分は特に徹底して消毒いたします。

・消毒液の設置
エントランスをはじめ、館内各所とレストランの全テーブル、ゴルフ場の乗用カートに消毒液をご用意いたします。

・レストラン客席の消毒を徹底
レストランではお客さまの入れ替えごとに、テーブル、ソファー、椅子、備品の拭き上げと消毒を行います。

・「Safetyシール」の導入
徹底した清掃と消毒が施された客室のドアに「Safetyシール」を貼り、清掃・消毒後のお部屋に入室者がいないことを明示し、安心してご入室いただけるようにいたします。

■飛沫防止対策の徹底
・飛沫防止スクリーンの設置
フロントやレストランキャッシャー等お客さまと接する場所においてはアクリルスクリーン等を設置いたします。

・ソーシャルディスタンスの確保
レストランのテーブルの間隔を最低1メートル確保いたします。

※保健所と連携を図り週末を含めた連絡体制の整備、指導を仰ぐ体制を確立いたします。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram