都内で震災復興の支援イベント メッセージや歌披露

  • 2021年11月30日

登壇した各自治体の首長

 東日本大震災や東京電力福島第1原発事故からの復興を支援するイベント「東日本大震災から10年『復興の軌跡とこの先の挑戦』」(福島民報社、城南信用金庫など主催)が10日、日本青年館ホール(東京都新宿区)で開催された。福島県内の首長や高校生、同県ゆかりのゲストが登壇し、復興への思いを伝えた。

 第1部の冒頭あいさつで、内堀雅雄福島県知事は「復興は完了形でなく現在進行形。困難や逆境を克服するために挑戦し続けなければならない」と復興関連事業への決意を述べた。

 リレーメッセージでは内田広之いわき市長、伊澤志朗双葉町長、佐川正一郎矢祭町長、杉岡誠飯舘村長が登壇し、10年間の各自治体の復興の軌跡や現状、今後の取り組みなどについて意見を交わした。いまだ全町避難が続く双葉町の伊澤町長は「住民が無事に戻れる状況になった時に向け、企業の誘致や災害に強いまちづくりを進めている」と話した。

 第2部では、あさか開成高校(郡山市)の生徒による避難者支援のボランティア活動、日本青年団協議会の復興に関する取り組みが紹介された。作家の柳田邦男氏は「心の再生と地域の発展~絵本の力を見直そう」と題した講演を行い、絵本の読み聞かせを通した教育の重要性を伝え、「困難時や災害時に助け合える地域社会の形成が大事だ」と述べた。テレビ朝日の佐藤ちひろアナウンサー(いわき市生まれ、南相馬市育ち)による、震災がテーマの絵本「きぼうのとり」の朗読も行われた。

 第3部では、温泉施設スパリゾートハワイアンズ(いわき市)のダンシングチームが復興を願いフラダンスを披露した。続いて福島県出身の歌手、つのだ☆ひろさんが同施設を運営する常磐興産の前身「常磐炭礦」の社歌「我等の力」(同県出身の作曲家、古関裕而氏作曲)などを熱唱。

 つのださんは同曲のリズムを示すデータが現存していないことを明らかにし、「城南信用金庫の川本恭治理事長が、我等の力を歌える福島県内の方々にアプローチし、今日歌うためのベースを作ってくれた」とのエピソードを披露した。
    

「我等の力」を熱唱するつのだ☆ひろさん


登壇した各自治体の首長

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら