郵船クルーズ、2025年に新造船デビュー 385室を予定

  • 2021年4月15日

 郵船クルーズは2025年、新造船をデビューする。船名は未定、総客室数は385室を予定。感染症対策設備を備えるほか、世界でもトップクラスの乗客1人当たりのスペースを確保する。和のおもてなしに最新のテクノロジーを加えた「飛鳥ラグジュアリー」を提供する。

 同社は、3月末にドイツの造船会社マイヤーベルフトと新客船(5万1950トン)の造船契約を締結。今後は船内のデザインや仕様を確定させ、23年にマイヤーベルフトのドックで造船の実作業に入り、25年での引き渡しを予定している。

 新造客船では、環境負荷軽減などのため3種類の燃料に対応するエンジンを中型客船で初めて搭載する。全客室にバルコニーを配し、「飛鳥Ⅱ」でも人気の施設である展望露天風呂を設置する予定。乗客定員は飛鳥Ⅱの85%程度とし、より快適なサービス、船内空間を実現する。

 「最新鋭のシステムを搭載するほか、IT設備でワーケーションの環境を実現させ、ミドルエイジ層のニーズにも対応していきたい」と同社。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram