那須の宿泊施設で面白くオカシナなスタイルで映画を見る映画祭

  • 2018年2月12日

 那須温泉映画祭2018が13日から開催される。

≪ 温泉映画祭開催概要 ≫

催 事 名:那須温泉映画祭2018
開 催 日:2018年2月13日(火)~2月19日(月)(7日間)
開 催 時 刻:開催施設、上映内容により異なる
開 催 場 所:那須町湯本地区を中心とした宿泊施設及び、入浴施設                  

主  催:那須温泉旅館協同組合・那須フィルム・コミッション 
後  援:一般社団法人那須町観光協会
事 務 局:特定非営利活動法人 那須フィルム・コミッション
〒325-0303栃木県那須郡那須町高久乙861-41繭の里2109
TEL 0287-74-3767 、FAX 0287-74-3110
那須温泉旅館協同組合
〒325-0301栃木県那須郡那須町湯本182
TEL 0287-76-2755、FAX 0287-76-2756

【上映会場】
2月13日(昼)上映無
    (夜)休 暇 村 那 須「ゼロ・グラビティ」
2月14日(昼)上映無
    (夜)那須高原ホテル松川屋「幕末太陽傳」
2月15日(昼)中藤屋「ふたりの桃源郷」
    (夜)モンゴリアビレッジテンゲル「チャンドマニ」
2月16日(昼)中藤屋「レネットとミラベル/四つの冒険」
    (夜)ホテルエピナール那須「SING」
2月17日(昼)清水屋「ふたりの桃源郷」
    (夜)ホテルサンバレー那須「緑の光線」
2月18日(昼)雲海閣「チェ 28歳の革命」
    (夜)那須高原の宿 山水閣「映画深夜食堂」
2月19日(昼)雲海閣「チェ 39歳別れの手紙」
    (夜)特別会場ITTAN「アンナプルナ南壁、7400mの男たち」

温泉客にとって、温泉は非日常で、映画は日常である。
国立公園内にある那須温泉にとって、映画は非日常で、温泉は日常である。
この奇妙な関係が交差するならば、そこには温泉客と地元民との交流が交差する。
桶を抱え、浴場に向かい、頭にタオルを乗せて湯に浸かり、
湯けむりに包まれて鼻歌を歌い、極楽を得るのである。
そこに娯楽があるならば、より一層、温泉が魅力的なものになることは確かだ。
日常と非日常が混在する温泉街で、温泉客も地元民も一緒になって温泉と映画を楽しむ。
それもまた一興ではなかろうか。

 

関連する記事

石川県加賀市は13日、東京・内幸町の帝国ホテルで、旅行会社やマスコミ関係者らを集め「加賀温泉郷PR会議・おもてなし謝恩会」を開いた。記録的な大雪で観光や物流に影響が出てい…

続きを読む

九州と下関の都市間高速バス、一般路線バスのほぼ全線と一部の船舶が乗り放題となるフリーパス「SUNQパス」に、新しい券種「南部九州3日券」が登場する。3月20日に発売され、…

続きを読む

瀬戸大橋開通30周年記念事業岡山県実行委員会は、瀬戸大橋開通30周年記念「オープンデッキバスdeドライブ」の無料参加者4200人を募集している。 瀬戸大橋開通30周年記念…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?