道南10市町、戊辰戦争集結150年で記念プロジェクト

  • 2019年8月23日

新選組屯所跡地に立つ土方歳三のモニュメント(函館市)

 江戸幕府から明治新政府の誕生にと日本が大きく変わる中で、その生みの苦しみとも言える戊辰戦争が勃発。鳥羽伏見の戦いから江戸城の無血開城、東北地方や北海道南各地での激戦を経て、1869年6月に終結し、今年で150年となる。

 その最後の戦いが行われた函館市など道南10市町では、戊辰戦争終結150年記念プロジェクト「みなみ北海道最後の武士(もののふ)達の物語」という、歴史モニュメントの設置や、その地を巡るスタンプラリーなどの事業を展開している。

 戊辰戦争に関わる道南の歴史や人物、物語を掘り起こして発信し、みなみ北海道の広域観光につなげるのが狙い。

 10市町と商工会議所、観光協会などで実行委員会を結成し、6月末までに10市町の26カ所にその地の歴史やゆかりの人物などを紹介する高さ2~3メートルの円筒形や三角柱のモニュメントを設置。7月から設置地を巡るモバイルスタンプラリーもスタートした。

 スタンプラリーは12月末まで実施。期間中、参加者は自由に設置地を回り、モニュメントからスマートフォンでポイントをゲットする。各エリアや全エリアの制覇に応じて認定書などをプレゼントするほか、全エリアの制覇者は道南各地の土産品が当たる抽選に応募することができる。

 道南各地には、幕府艦隊を率いた榎本武揚をはじめ、新選組副長として各地を転戦した土方歳三、ペリー来航時に活躍した中島三郎助ら多くの武士達が集結し、新国家建設の夢を追って戦った多くの物語がある。

 同プロジェクトの実現に奔走した実行委事務局長の中野晋さんは「10年間の継続事業と考えている。モニュメントも、来年度には道南の全市町に設置される。その拡大や活用を通じて、道南の歴史・文化をしっかり発信し、地域全体の連携による特色ある広域観光を活発にしていきたい」と話している。


新選組屯所跡地に立つ土方歳三のモニュメント(函館市)

関連する記事

トリップアドバイザーが10日発表した「日本の美術館・博物館ランキング2019」で、美術館の1位は「ポーラ美術館」、博物館の1位は「知覧特攻平和会館」となった。 口コミとラ…

続きを読む

滋賀県、浜松・浜名湖ツーリズムビューロー(静岡県)、茨城県は4日、琵琶湖、浜名湖、霞ケ浦の3湖でのサイクリングを紹介する「首都圏PRイベント」を東京・南青山のLIFEC…

続きを読む

ラプラス起用ファミリー層に訴求 宮城県は1日、観光キャンペーンを開始した。キャンペーンキャラクターに人気ゲーム「ポケットモンスター」に登場するのりものポケモン「ラプラス…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube