遊園地・テーマパーク売上高、1.4%増562億円 経産省7月確報

  • 2019年10月9日

 経済産業省はこのほど、特定サービス産業動態統計調査の7月分確報を公表した。対個人サービス業の趣味・娯楽関連5業種の売上高は、遊園地・テーマパーク(TP)など3業種が前年同月比増加した。TPは1.4%増の561億6800万円と、11カ月連続で増加した。

 TPの内訳は、入場料金、施設利用料金収入が2.4%増加。入場者数は一般が2.9%減少、団体が10.8%増加し、全体で1.9%減少した。

 ゴルフ場は4.8%増の83億9200万円と、2カ月ぶりに増加した。利用料金収入が6.0%、利用者数が7.4%それぞれ増加した。

 ゴルフ練習場は10.5%増の24億1400万円と、2カ月連続で増加した。利用者数が11.6%増加した。

 ボウリング場とパチンコホールは減少した。ボウリング場は0.1%減の12億7800万円と4カ月ぶりに減少。パチンコホールは3.8%減の2957億1300万円と9カ月ぶりに減少した。

 対個人サービス業の教養・生活関連5業種の売上高は、外国語会話教室、フィットネスクラブ、学習塾の3業種が前年同月比増加。葬儀業、結婚式場業の2業種が同減少した。

関連する記事

藤和那須リゾートは15日、三菱地所ホームの全館空調システム「エアロテック」を標準装備した貸別荘スタイルの宿泊施設を建築すると発表した。 藤和那須リゾート株式会社(本社:…

続きを読む

日本政策金融公庫はこのほど、ホテル・旅館、飲食など生活衛生関係営業のインバウンド対応に関する調査を行った。外国人観光客の集客に向けた取り組みを「実施している」企業割合は、…

続きを読む

三菱重工は、広島高速交通にアストラムライン向け7000系新型車両を納入したと発表した。 ◆ 受注全66両(11編成)のうち、今回は初号編成分、2025年度の完了を予定 ◆…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube