遊園地・テーマパークは12ヵ月ぶり減~経産省調査

  • 2017年12月31日

 経済産業省はこのほど、特定サービス産業動態統計調査の10月分速報を公表した。対個人サービス業の趣味・娯楽関連5業種の売上高は、遊園地・テーマパーク(TP)が568億5400万円で、前年同月比4・5%減と、12カ月ぶりに減少した。同月はボウリング場のみ前年同月を上回った。

 TPの内訳は、入場料金、施設利用料金収入が5・5%減少。入場者数は一般が12・8%、団体が10・9%それぞれ減少。合計で12・5%減少した。

 ボウリング場は同4・6%増の13億2100万円と、2カ月ぶりに増加した。利用者数が5・2%増加した。

 ゴルフ場は同12・1%減の88億3千万円と、5カ月ぶりに減少した。利用料金収入が12・0%、利用者数が11・8%それぞれ減少した。

 ゴルフ練習場は同5・2%減の26億9700万円と、3カ月ぶりに減少した。利用者数が3・8%減少した。

 パチンコホールは同4・8%減の2850億700万円と、43カ月連続で減少した。

 対個人サービス業の教養・生活関連5業種の売上高は、フィットネスクラブなど3業種が前年同月比増加。結婚式場業など2業種が同減少した。

関連する記事

サービス産業の売上高 10速報総務省調査 総務省はこのほど、サービス産業動向調査の昨年10月分速報を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は47…

続きを読む

SHIは、マンション型ホテル「レジデンスホテル博多」等の12月の稼働率と10月の公表データを発表した。 株式会社SHI(旧シェアリングホテル株式会社)(本社:福岡県福岡市…

続きを読む

ビースポークは、訪日外国人向けAIコンシェルジュ「Bebot」を羽田空港のレンタカー向けサービスで提供開始した。 株式会社ビースポーク (本社:東京都港区、代表取締役: …

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒