農水・文科・国交3省、歴史まちづくり計画で新たに4市認定

  • 2021年3月21日

白河市にある小峰城跡

 農林水産、文部科学、国土交通の3省は5日、福島県白河市、茨城県桜川市、富山県高岡市、熊本県山鹿市が作成した「歴史的風致維持向上計画(第2期)」を認定したと発表した。認定により、建造物の保全や祭事継承のための交付金や特例措置が受けられるようになる。

 同計画は歴史的建造物や伝統的な人々の活動からなる歴史的風致を維持・向上させ、後世に継承するために市町村が作成。「地域における歴史的風致維持及び向上に関する法律」(歴史まちづくり法)に基づき、国が認定する。

 白河市は第1期計画で、東日本大震災で崩落した小峰城(国指定史跡)石垣や文化元年(1804年)建築の旧脇本陣柳屋旅館蔵座敷などの保存・修復を行い、来訪者の増加につなげた。2期では、小峰城清水門の復元などに着手する。

 桜川市は、「真壁伝統的建造物群保存地区」の修理と活用に取り組んでいるが、2期では平安時代の歌人、紀貫之の歌にも詠まれた名勝「桜川」に新たな歴史的風致を設定、来訪者の利便性向上を目的とした公園整備事業を推進する。

 このほか、高岡市は金屋町などの歴史的な町並みの保全、山鹿市は日本遺産に認定された「米作り、二千年にわたる大地期の記憶」に位置付けられた構成文化財を活用し、市内の回遊促進を図る。


白河市にある小峰城跡

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram