読売旅行の協定旅連と指定協会が統合 23年4月から「協力会」に

  • 2022年7月12日

坂元社長

 読売旅行協定旅館ホテル連盟(大木正治会長=愛媛県・ホテル葛城Spa Resort道後、459会員)と読売旅行契約指定協会(幾世英夫会長=京都府・橋立大丸本店、470会員)は4日、東京の京王プラザホテル東京で理事会総会を開き、来年4月1日から新組織「読売旅行協力会」を発足させる案を承認した。旅館・ホテルを会員とする「連盟」と、観光施設、運輸機関などを会員とする「協会」が統合。「一致団結して厳しい時代を共に勝ち残る」方針だ。

 両団体の会長会議で昨年8月から方針を審議。「連盟協会あり方検討委員会」で組織の枠組みと方向性を検討してきた。

 今後は新組織の規約、内規を策定。12月にも両団体の合同全国正副会長会議で決議し、来年4月1日に新組織を始動させる。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram