訪日V字回復へ515億円 地域のコンテンツ造成支援も


 政府が8日閣議決定した2022年度第2次補正予算案で、観光庁予算として、宿泊施設の改修や観光地の廃屋撤去などを支援する「地域一体となった観光地・観光産業の再生・高付加価値化」に1千億円が計上された。加えて、改修工事など複数年度の事業に対応できるよう国庫債務負担行為で500億円を計上し、実質1500億円の支援額が確保された。補正予算案は臨時国会に提出され、年内の成立が見込まれる。

 政府の2022年度第2次補正予算案では、インバウンドの本格回復に向けた予算が観光庁、国土交通省に計上された。プロモーションの集中的な実施、観光コンテンツの造成支援、受け入れ環境の整備などに計515億円が盛り込まれた。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒