訪日観光消費1.1兆円 1~3月期、過去最高の17%増

  • 2018年5月16日

1人支出は前年並み14万9千円

 観光庁はこのほど、2018年1~3月期の訪日外国人消費動向調査(速報)の結果を発表した。訪日外国人の旅行消費額は、前年同期比17・2%増の1兆1343億円となり、訪日客数の増加に伴って1~3月期として過去最高となった。訪日外国人1人当たりの旅行支出の平均は、同0・6%増の14万8891円だった。

 国・地域別の旅行消費額は、最多の中国が前年同期比18・1%増の4391億円で全体の38・7%を占めた。以下は、台湾が同12・1%増の1495億円、韓国が同25・1%増の1476億円、香港が同2・3%増の819億円、米国が同18・1%増の547億円、豪州が同19・8%増の409億円、タイが同4・0%増の372億円など。

 費目別の内訳は、買い物代が3961億円(全体に占める割合34・9%)、宿泊費が3164億円(同27・9%)、飲食費が2324億円(同20・5%)、交通費が1201億円(同10・6%)、娯楽等サービス費が690億円(同6・1%)。構成比では、前年同期に比べて買い物代が3・8ポイント低下し、宿泊費が1・6ポイント上昇した。

 「コト消費」に相当する「娯楽サービス費」を詳細に把握するため、今期調査から費目に「温泉・温浴施設・エステ・リラグゼーション」「マッサージ・医療費」などを追加して「娯楽等サービス費」とした。18年1~3月期の娯楽等サービス費は690億円で、前年同期の娯楽サービス費から約315億円の増加だが、単純比較には注意が必要となっている。

 訪日外国人1人当たり旅行支出の平均14万8891円の内訳は、買い物代が5万1995円、宿泊費が4万1524円、飲食費が3万503円、交通費が1万5767円、娯楽等サービス費が9051円。平均宿泊数は9・8泊だった。

 1人当たり旅行支出の国・地域別の上位は、(1)豪州25万1471円(2)ベトナム22万7021円(3)中国22万5923円(4)英国19万9971円(5)フランス19万2952円。豪州は平均宿泊数が14・6泊で、宿泊費(9万8224円)、娯楽等サービス費(2万5549円)が主要20市場で最も高額だった。中国は買い物代が11万628円で、主要20市場で最も高かった。

 

関連する記事

楽天トラベルは、日本政府観光局と共同で、イニエスタ選手を起用した欧州向けインバウンドプロモーション展開する。 旅行予約サービス「楽天トラベル」( https://trav…

続きを読む

訪日観光客専門バス会社の「ワールドキャビン」は11日 、ホームページを全面リニューアルした。 株式会社WORLD CABIN(所在地:東京都新宿区)は、ホームページを全面…

続きを読む

日本温泉協会は、10言語に対応した風呂でのエチケットを啓蒙するポスターを制作=写真は見本、販売を始めた。訪日外国人旅行者の多い宿などに購入を呼び掛けている。 温泉、入浴関連…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube