訪日外客9月も減少、14カ月連続減に

  • 2009年10月31日

 日本政府観光局(JNTO)が26日発表した9月の訪日外客数は、前年同月比16.4%減の53万5800人となり14カ月連続で減少した。8月には減少幅が1けたとなり回復の兆しを見せたが、再び二けたの減少となった。景気の低迷による旅行の手控えや円高などが要因。

 減少幅が最も大きいのは韓国。7月以降2割台に縮まっていた下げ幅がインフルエンザの流行やウォン安で拡大し33.9%減。10万5500人となった。台湾は、旅行を控える月「鬼月」が影響し24.2%減の7万7500人。豪州は20.6%減の1万8800人となった。

 12市場のうち唯一プラスだったのが中国。個人観光査証の発給に合わせた広告宣伝がプラスに作用し、5.2%増の9万8800人。

 香港は16.7%減の3万2700人。タイは10.9%減の1万1900人。シンガポールは15.2%減の9300人。

 米国は8月に17カ月ぶりの増加を記録したものの9.6%の減。5万2300人となった。カナダも8月には4カ月ぶりに増加したが9月は5.3%減少して1万900人。フランスも8月の増加から一転し、9月には11.4%減の1万200人となった。

 シルバーウイーク期間中、日本人の米、加、仏への旅行需要が高まり、一部路線で訪日のための座席確保が難になったことなどが要因。

 英国は12.7%減の1万4400人、ドイツは13.2%減の9700人となった。

 出国日本人数は15.3%増の158万人。シルバーウイーク期間中、海外旅行需要が拡大した。53カ月ぶりに2けたの増加となった。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram