訪日回復は「楽天的」 楽天トラベル髙野氏とアトキンソン氏が対談

  • 2022年10月11日

対談する髙野氏(左)とアトキンソン氏

 楽天が9月28、29日の2日間実施したオンラインイベント「楽天オプティミズム2022」の初日のセッション「新観光立国論・世界一訪れたい国になるには?」で、楽天トラベルの髙野芳行事業長(楽天グループ上席執行役員・コマースカンパニーヴァイスプレジデント・トラベル&モビリティ事業事業長)とデービッド・アトキンソン氏(小西美術工藝社社長)が対談を行った。インバウンド回復に向けて、オプティミスティック(楽天的)なメッセージを発信した。

 対談は髙野氏の投げかけに対してアトキンソン氏が応える形式で進行。日本と世界のGDPにおける観光産業のシェアの違いについて、髙野氏が「世界全体、APAC(アジア太平洋)、日本の順で、2019年は10.3%、9.8%、7.3%。20年は5.3%、4.1%、3.5%。21年は6.1%、4.5%、4.2%となっている」と述べ、日本が最も低くなっていることを指摘。これに対してアトキンソン氏は「原因は付加価値の低さだ。人はワクワク感のない観光はしない。特に宿泊施設は、設備投資とイノベーションによって付加価値を高めることで、客単価と利益率を上げて、その利益で再投資をするという好循環を確立すべき。そのための各種補助金支給や人的サポートは、コロナ禍中から観光庁や全国自治体などが行っている。十分に活用した方が良い」などと話した。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram