訪日ラボ、「飲食店向けインバウンドサービス カオスマップ 2018年下半期最新版」を公開

  • 2018年11月6日

 訪日ラボは2日、「飲食店向けインバウンドサービス カオスマップ 2018年下半期最新版」を公開した。

日本最大級のインバウンドニュースサイト「訪日ラボ」を運営する株式会社mov(代表取締役:渡邊 誠、本社:東京都渋谷区)は、飲食店のインバウンド担当者向けに、インバウンドサービスの把握、 各ソリューションの比較・検討をしやすくするべく、飲食業界に特化し網羅的に分析した業界図「飲食店向けインバウンドサービス カオスマップ 2018年下半期最新版」を公開いたしました。
以下のリンクよりフルサイズのPDFファイルをダウンロードできます。
→ https://prtimes.jp/a/?f=d24246-20181101-1042.pdf

 

「飲食店向けインバウンドサービス カオスマップ 2018年下半期最新版」の作成背景:
日本政府は「2020年に訪日外国人旅行者数4000万人、訪日外国人旅行消費額8兆円」の目標達成を目指しています。また、観光庁の調査によれば、訪日外国人の70%は「日本食を食べること」に期待を寄せているとの結果があり、2020年の4000万人時代が到来した折には、単純計算で2800万人の訪日外国人が「日本食を食べること」を楽しみに日本を訪れることになります。

そうなれば、飲食業界の関係者、飲食店の経営陣としては、当然インバウンド対策を意識する必要が出てくるのは自明の理です。そして、その需要にこたえるように、現在インバウンド業界では様々な訪日外国人向けのソリューションが登場しています。一方で、ベンチャーから大手まで様々なサービスが乱立状態になっていることから、いちインバウンド担当者が、この業界のサービスの全体像を把握するのは困難を極めます。

そこで、飲食店インバウンド対策をひと目で見渡せる「飲食店向けインバウンドサービス カオスマップ」 2018年下半期最新版!としてまとめました。

関連する記事

Fun Japan Communicationsは14日、「香港・インドネシア・マレーシア・台湾・タイ・ベトナムのアジア6カ国の日本でのショッピング事情」の調査結果を発表…

続きを読む

宿泊施設関連協会(JARC、林悦男理事長)は7日、第8回JARCゼミナール「ラグビーワールドカップまで半年。まだ間に合うインバウンドビジネス」を東京都千代田区の同協会事務…

続きを読む

主に中華圏を中心とした、アジア各国からの誘客に力を入れてきた「昇龍道プロジェクト」だが、欧米豪からの個人旅行客へのアプローチを強めようと、2月25日、名古屋市でシンポジウ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube