訪日ラボ、「インバウンド業界カオスマップ 2019年下半期最新版」発表

  • 2019年8月8日

 訪日ラボは7日、「インバウンド業界カオスマップ 2019年下半期最新版」を発表した。

日本最大級のインバウンドニュースサイト「訪日ラボ」を運営する株式会社mov(代表取締役:渡邊 誠、本社:東京都渋谷区)は、インバウンドビジネス市場全体を把握し、各ソリューションの比較、検討をしやすくするべく、インバウンド対策ソリューションを網羅的に分析した業界マップ「インバウンド業界カオスマップ 2019年下半期最新版」を公開いたしました。

拡大はこちらへ

「インバウンド業界カオスマップ 2019年下半期最新版」の作成背景:
日本政府は2020年には訪日外国人旅行者を4,000万人とすることを目指し、「観光ビジョン」の中で、訪日外国人がストレスなく日本での観光を楽しめるよう、受け入れ体制整備に向けて政府一丸となって受け入れ体制を進めていくとしています。

こうした状況の中で、インバウンド需要を取り込みたい全ての事業者にとって、訪日外国人の受け入れ体勢整備や集客プロモーションといった、インバウンドの対策を効率的に進めていくことは最重要課題となってきています。さらに、現在国内ではインバウンド市場の急拡大に合わせて、インバウンド対策ソリューション、およびその事業者が急速に増加しています。

一方で、インバウンドビジネスは大手からベンチャーまで百花繚乱の様を見せており、いちインバウンド担当者が、この業界のサービスの全体像を把握するのは困難を極める状況となっています。

そのため、インバウンド業界に乱立する様々なソリューションなどを把握出来るように、これらを網羅的にまとめた業界マップ「インバウンド業界カオスマップ 2019年下半期最新版」を作成しました。

関連する記事

沖縄県はこのほど、県内の救急病院への集中緩和を図り、外国人観光客が快適に安心して沖縄観光を楽しめる環境を整備することを目的に「外国人観光客向け急な病気・ケガの電話相談」…

続きを読む

JNTO、バンコクで東北PR

  • 2019年8月26日
  • NEW!

日本政府観光局(JNTO)は24、25日、東北の観光魅力をPRする消費者向けプロモーションイベントをタイ・バンコクで開催する。東北観光推進機構が実施するトップセールス事業…

続きを読む

東急電鉄は、駅構内・列車内の4カ国アナウンスを26日から開始する。 東京急行電鉄株式会社(以下、当社)は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどに向けて、今後…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube