訪日メディア「MATCHA」、日・英・繁・タイ語で日本文化を発信する特集「茶葉からはじめる日本のお茶」公開

  • 2021年5月14日

 訪日メディア「MATCHA」は、日・英・繁・タイ語で日本文化を発信する特集「茶葉からはじめる日本のお茶」を公開した。

株式会社MATCHA(本社:東京都台東区、代表取締役社長:青木優)は、自社メディア「MATCHA」にて、「MATCHAStories~茶葉からはじめる日本のお茶~」をリリースしました。

MATCHA Storiesでは、“時代を経ても残ってほしい日本の文化”を取り上げ、さまざまな国籍の編集者が企画・立案・執筆を行っています。記事は日本語、英語、中国語(繁体字)、タイ語の4言語に翻訳し発信。各編集者が考える、日本の価値ある文化を世界へ届けます。

今回のテーマは「茶葉からはじめる日本のお茶」。

海外で日本のお茶といえば、抹茶も煎茶も「Green tea」でひとくくりに考えている方がほとんどです。抹茶は世界的にも有名ですが、産地や種類によって異なる、日本のお茶のさまざまな味わいも知ってほしい。各言語の担当者が、茶葉から淹れる日本茶のおいしさをお届けします。​

また、本特集には越境クラウドファンディング「Japan Tomorrow」のプロジェクト掲載枠があります。今回、岐阜県東白川村で栽培された香り高い茶葉と、 お茶を楽しむ茶器を販売する「美濃加茂茶舗」様のプロジェクトを掲載しております。

■100年使える湯のみで、ワークスペースに煎茶を。
https://japantomorrow-jp.matcha-jp.com/projects/minocamo-chaho

  • 特集概要

■テーマ:「茶葉からはじめる日本のお茶」
■公開日:4月26日(月)
■記事タイトル:
・お茶を買うなら専門店で!日本茶インストラクターがいる「茶匠おくむら園」を訪問
・おいしいお茶は茶器から。緑茶を楽しむためのテーブルウェア
・日本茶バリスタが淹れる特上ほうじ茶を味わう。浅草のカフェ「FEBRUARY KITCHEN」
・“Green tea”は抹茶だけじゃない!モダンなカフェ「カネ十農園表参道」で身近な日本茶を味わおう
・アメリカに輸出された最初の日本茶。隈研吾の建築「茶Cafe&Shop chabaco」で味わうさしま茶の魅力

■特集ページ(全4言語)
日本語
https://matcha-jp.com/jp/greentea
英語
https://matcha-jp.com/en/greentea
中国語(繁体字)
https://matcha-jp.com/tw/greentea
タイ語
https://matcha-jp.com/th/greentea

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram